スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホーム

ようこそNPO瀬戸へ!

尾張東部瀬戸地区界隈は昔から焼き物で繁栄してきた所で、明治期には「尾張の小江戸」と
呼ばれ賑やかな町には近隣から多くの人が訪れたいへん賑わったものでした。しかし昨今で
はその町並みは閑散とし空き家が目立ち、焼き物の町を期待して瀬戸に来られたゲストに失
望感を与え、また住民の間にも伝統ある郷土の技に愛着を感じられない自虐的な人を増やす
に至ってしまいました。

イメージ

そこで今一度、我が町瀬戸が培ってきたすばらしい歴史とやきもの文化を再認識してもらい、
昔の賑わいを取り戻す為に、ここに「NPO瀬戸」を立ち上げることになりました。

まず、町家が残された旧市街中心地を「瀬戸町家坂界隈」と勝手に命名し、老若男女がこぞっ
て訪れることのできるエリア「せと町家すくえぁ」を創造しプロジェクトを開始します。これは、昔
懐かしい町家やその界隈を整備し、「伊勢のおかげ横町」のようなキープコンセプトの町並み
をつくり、せともんやと洒落た飲食店が並んだやきものテーマパークストリートを演出すること
で、瀬戸を訪ねてきたゲストを「やきものなつかし空間」へワープしてもらい、瀬戸の醍醐味に
浸っていただくものです。そして市民の方々にも町への愛着を取り戻してもらおうという計画で
す。

さらに、この地区の情報を共有できるコミュニティFM局の誘致について研究し、将来「せと町
家すくえぁ」に開設出来れば、町家の中にラジオ局があるという、古き良きものと新しき情報発
信地の融合を計ることができ、災害時の情報発信を始めタイムリーな地元情報を提供しつつ、
安心安全な町づくりをサポートし、高齢者から若い世代にまで興味がもって訪れることのできる
場を創造し提供出来るはずです。

まさにこれが瀬戸にとっての温故知新であると信じ、設立の趣旨を申し上げる次第でありま
す。

スポンサーサイト

テーマ : 名古屋・愛知
ジャンル : 地域情報

過去の事業

平成17年度
 ①活動拠点の瀬戸市仲切町22番地旧川本桝吉邸をNPO会員で掃除し、2005年
  愛・地球博市民参加プロデューサー小川功記氏を招き、座談会を開催した。 
 ②市内の小中学校に博覧会アテンダントを招待する事業を計15回開催すると共に、
  博覧会アテンダントと市民が交流するとんちゃんパティーを2回開催した。
 ③ 放送活動を通して、地域文化の伝承と醸成をはかると共に、地域愛を育むことを目的に瀬戸市の補助金対象事業として「こども放送活動教室」を実施した。


平成18年度
①地域の方々にコミュニティにおける正確な情報発信よる情報共有の重要性に気づいてもらうと共に、地域情報の取材及び発信を通して、地域愛を育むことを目的として、瀬戸市の補助金対象事業として「域情報発信の為の放送活動教室」を実施した。
②災害時の情報ツールとして、ダイナモ発電式防災ラジオの安価な販売により、防災ラジオの普及といざという時に備える意識啓発を行った。


平成19年度
①「萩山防災フェスタ」生中継レポート及びMCA無線活用放送実施
萩山自治会の防災への取り組みを紹介し、地域の防災について広く発信した。又、
放送の中でMCA無線の活用事例を示した。
 

平成20年度
①災害発生時の備えとして、又、地域情報の発信及び、情報の共有化に向けたコア市民養成を目的とした「市民パーソナリティ養成講座」を開催した。

平成21年度
①「防災ネットせと」の取り組みで、防災寸劇の脚本、演出を手掛け、「防災ネットせと」  のメンバーと共に上演した。
②「萩山防災フェスタ」において、MCA無線の実地訓練を担当した。

リンク

瀬戸市市民活動センター http://www.gc-net.jp/seto-npo/
NPO瀬戸が登録している瀬戸市市民活動センターのサイトです。

RADIO SANQ http://845.fm/
瀬戸市のコミュニティFMのサイトです。
メニュー
プロフィール

NPO瀬戸

Author:NPO瀬戸
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。